お酢のろ過作業です!!

こんにちは!
鹿児島で醤油、お酢、ソースの醸造業をしておりますデコー醤油の若松です。

本日は「お酢のろ過」作業です。

お酢の発酵方法にも色々ありますが、デコーのお酢は昔ながらの静置発酵法。仕込みを始めたその日から、少ない時でも週に一度、多い時で2日に一度の頻度で手入れをし、これを3ヶ月続けると酢酸菌の働きでアルコールが酢酸に変わります。時間をかけて発酵させることで酸っぱい中にまろやかさのある醸造酢ができあがるんです!

そのお酢(種酢と呼んでいます)には発酵過程でできた、オリという沈殿物が含まれているので、これを取り除く作業が今日の「ろ過作業」になるわけですね。

もちろん、前回ご紹介した合わせ酢にも、この種酢が使われていますよ!

時間をかけてじっくりと作ったデコーのお酢をぜひお試し下さいね!